脱毛する前に薬を飲んでも大丈夫?

脱毛する前にはいろいろと不安もあります。施術の内容に対してもそうですが、施術前後のお手入れや体調の整え方など、不明な点も多いでしょう。

例えば体調が悪い時には市販薬や処方薬を飲むことがあると思います。飲み薬だけでなく、塗り薬を利用することもあるでしょう。では、これらの薬を使用した状態で脱毛を受けることは出来るでしょうか。基本的に、脱毛施術を受ける前に薬の服用はできません。脱毛サロンでは薬を飲んだ後の施術は出来ないと明記されているのが一般的なのです。

しかし、どうして薬を飲んでいると脱毛施術が受けられないのでしょうか。薬を飲んでいる時の体は、通常の状態とは違っている場合があります。薬によっては体に何等かの影響を与える可能性もあり、それによって脱毛施術が安全に行えなくなることもあるのです。

例えば風邪薬には、熱や光に反応してしまう成分が入っていることが多いです。風邪薬を服用してから脱毛施術を受けることでどの程度の不都合が生じるかは定かではありませんが、安全を考慮して脱毛サロンでは服薬後に施術を行わないことにしています。

もちろん、風邪薬だけでなく他の薬も同様です。もしも持続して飲み続ける薬がある場合や脱毛のタイミングで服薬をしなければならない薬がある場合は、医師や薬剤師にきちんと安全性を確認するようにしましょう。医師や薬剤師に確認して問題ないと判断されても、脱毛サロンによっては施術を延期することもあります。その場合はきちんとサロンの指示に従いましょう。

服薬に関してはサロンに記述がある場合が多いですが、塗り薬についてはあまり言及されていないかもしれません。しかし、施術箇所に塗り薬を使用するような状態というのは、決して肌が健康とは言えない状況のときです。脱毛施術は安全性が高いとはいえ、やはり肌への負担が生じるものです。塗り薬を使用しなければならない状態になっているなら、きちんと肌を治してから施術を受けるようにしてください。

脱毛による影響は体調によっても出方が変わります。脱毛サロンならばスタッフの方がきちんと確認してくれますが、自宅で使用する家庭用脱毛器の場合、全て自己判断で脱毛を行うことになります。
家庭用脱毛器だからと軽く考えずに、脱毛サロンと同様に薬を使用している時は脱毛を行わないなどの注意を怠らないようにしましょう。



>> 人気ランキングを全て見る

▼ 注目の脱毛器
広い照射面積で人気の脱毛器