ホクロやアザがあると家庭用脱毛器は使えない?

フラッシュ脱毛は、黒い色素に光源を反応させることによって、脱毛していきます。カメラのフラッシュをたくように、一瞬光源を照射すると、毛穴の奥の毛根に熱がたまり、破壊されたような状態になるのです。ということは、もしホクロやアザなど、肌の色より濃い部分があると、そこにフラッシュが反応してしまい、熱がたまる可能性があるということですよね。熱がたまるということは……、そうです、やけどをする可能性がでてきてしまうのです。

そのため、家庭用フラッシュ脱毛器の説明書きには必ず「ホクロやアザ、色素沈着のある部分には照射しないこと」と書かれています。

とはいえ、ホクロやアザのある方は、まったく家庭用フラッシュ脱毛器を使えないのか、といえばそんなことはありません。肌色の部分にはレーザーが反応することはないわけですから、ホクロやアザも「肌の色」にマスキングしてあげればいいのです。ホクロ程度なら、ご家庭に1つはあるはずの絆創膏で十分対応できます。少し大きめのアザであれば、薬局で太目のテーピングを購入して使ってみてください。他にも傷跡など心配な部分があったらしっかり隠しておくと安心ですね。

ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、安全に脱毛を行なうためには、欠かせないステップです。フラッシュ脱毛は単一波長の光源が照射されるレーザー脱毛より、光が拡散する分お肌の温度が上がりにくいので、お肌に優しい脱毛方法といわれています。ホクロやアザをしっかり隠して、正しい方法で脱毛を行なえば、やけどなどのトラブルが起きることはまずありません。脱毛した部分も冷却や保湿をきちんと行うことによって、お肌のダメージは最小限に抑えることができます。



>> 人気ランキングを全て見る

▼ 注目の脱毛器
広い照射面積で人気の脱毛器