妊娠中に脱毛しても平気?

妊娠中は意外と自由になる時間が多いものです。仕事も産休に入り、安定期に入ると特にやる事もなく家で休養しているのみですので、その時間を使ってボディケアや脱毛などに時間を充てたいと考える人も多いのではないでしょうか。

妊娠中の期間は、実はムダ毛が濃くなる傾向があるのです。そもそも、毛は身体を保護するために生えてくるものですので、妊娠中はお腹にいる赤ちゃんを守るために特に濃くなってしまうのです。ですから妊娠中の人が脱毛をしたいと考えるのも納得できます。

さて、妊娠中の脱毛についてですが、家庭用脱毛器を使用して脱毛しても問題はないのでしょうか。
回答は「NO」です。

妊娠中は通常の身体状態ではありません。
自分の身体なのに、そうではない感覚がしたり、ホルモンバランスが不安定になったりなど、通常とは異なる変化が身体に現れるのが妊娠期間中です。

通常とは異なる状態ですので、当然脱毛をしておかしな反応が出てしまう危険性もあります。家庭用脱毛器の使用がNGというわけではなく、脱毛サロンの利用も同様です。脱毛サロンに出向いても、妊娠期間中の施術は拒否されるはずです。

出産後も同じ事が言えます。体調も本調子に戻っていませんし、ホルモンバランスもやはり安定しているとは言えない状態です。授乳中も普段とは異なる身体状態ですから、脱毛器の使用や脱毛サロンの利用は避けましょう。どうしても、という場合は「除毛クリーム」を使用することもできますが、全ては自己責任の下で行うことになります。

妊娠期間中や授乳期間中といっても何年もかかるわけではありませんので、できれば全てが終了するまで待つほうが良いでしょう。そして完全に自分の体調と状態が戻ってから脱毛ケアを始めることをお勧めします。



>> 人気ランキングを全て見る

▼ 注目の脱毛器
広い照射面積で人気の脱毛器