タトゥー(刺青)を入れた箇所に照射しても大丈夫?

タトゥーを入れている人は、タトゥーの上から脱毛したいと思うこともあるでしょう。これが安全か気になる人もいるでしょう。結論から言うと、タトゥーの絵から家庭用脱毛器を使用することはよくありません。

では、なぜタトゥーの上から脱毛はできないのでしょうか。
タトゥーや刺青は、針などで肌を傷つけて、その傷から肌に色素を入れ、絵や文字を書いて着色しています。つまり、肌に色素が沈着している状態です。

家庭用脱毛器は、黒い色素が沈着した肌に使うことはできません。日焼けした肌にも使用できません。あくまで、自然な肌色の肌にのみ使える道具なのです。

脱毛器の光は黒いものに反応するようできています。毛根にあるメラニンは黒い色素です。家庭用脱毛器には、毛根のメラニン色素とタトゥーの黒を識別する機能がないのです。よって、タトゥーの色素に対しても、脱毛用の光を照射してしまいます。この結果、タトゥーや刺青の部分を火傷してしまう可能性が大きくなるのです。

では、タトゥーや刺青を入れている人はどのようにムダ毛を処理したらよいのでしょう。

・タトゥーや刺青の部分を避けて処理をする。
・フラッシュ脱毛はしない。電気脱毛で処理する。
・脱毛はせずに、除毛のみにする。

これらの方法がよいと思われます。
ワンポイントのみのタトゥーならば、脱毛処理するときに光が当たらないようにすることも可能かもしれません。バンドエイドを貼ったり、ファンデーションなどで隠すことで対処できるでしょう。
ですが、広い範囲にタトゥーが入っている場合は、隠すことは難しいので、やはり脱毛器での処理は避けたほうがよいと思われます。



>> 人気ランキングを全て見る

▼ 注目の脱毛器
広い照射面積で人気の脱毛器