火傷や肌荒れの心配はない?

家庭用脱毛器の中でも、最近人気なのは自宅でエステレベルの脱毛を行なうことができるフラッシュ脱毛器です。ところが家庭用脱毛器は、デメリットして「やけどをすることがある」「肌が荒れてしまうことがある」といったようなことがよくいわれています。実際のところ、こういったデメリットについてはどうなのでしょうか。

フラッシュ脱毛は光源を使用して、毛根の色素に反応させて熱をため破壊する、という仕組みになっていますので、確かに間違った使い方をすればやけどをする可能性もあります。けれども、きちんと取り扱い説明書の通りに正しく脱毛を行なっている限りは、やけどの心配はまずないと考えて大丈夫です。

そもそも家庭用フラッシュ脱毛器の出力は、クリニックやエステで使われているものよりずっと控えめにつくられています。その上、出力の調整もついていますから、毛の濃さにあわせて調節することができるんですね。普通に脱毛していてやけどの可能性が若干高くなるのは、毛の濃い方が多いVラインですが、そういった場所に使用するときは、出力を低くしておくと安心ですよ。購入時に細かい調整ができる脱毛器をチェックして選ぶのもいいでしょう。

肌が荒れる、ということについては、アフターケアをきちんと行なうことで予防できます。光源をあてているので、どうしても乾燥はまぬがれませんから、脱毛後のお手入れは面倒でもしっかり行いましょう。アウトドアで日焼けしたあとも乾燥しますよね?脱毛では紫外線のダメージはありませんが、ちょうどそれと同じような感じです。また、すでにひどく乾燥しているようなお肌は、無理に脱毛しないことも大事です。お肌の調子が整ってから脱毛を再開しましょう。

保湿をきちんと行なえば、むしろ毛穴が閉じたり、透明感がでてきたりと、脱毛前より肌がキレイになったと感じる方もいるくらいですよ。フラッシュ脱毛は、脱毛器のカートリッジを変えると美顔器としても使える商品があるくらい、本来肌にとても優しい脱毛方法です。正しく安全に使って、ムダ毛ゼロのすべすべお肌を手に入れてください。



>> 人気ランキングを全て見る

▼ 注目の脱毛器
広い照射面積で人気の脱毛器