脱毛器の種類

脱毛器の種類も様々です。エステで脱毛をするならば、エステティシャンと相談して自分好みの脱毛方法を考えていけばいいのですが、そのような時間や費用を掛けたく無いという方はご自分の判断で脱毛方法を考える必要があります。そのための基本として、まずそれぞれの脱毛器タイプの特徴を知り、脱毛器選びに役立てましょう。

1、シェーバータイプ脱毛器
毛を剃る事によってムダ毛を処理するタイプの脱毛器具です。最も安価で手に入りやすく、気軽に使えるタイプでもあります。

しかし、表面上に見える部分だけの毛を剃るだけなので、持続期間は短く、毎日のように剃らなければいけない点がネックです。頻繁に剃るため、肌が弱い人などはダメージを受けやすく、なおかつ毎日時間を割かなければいけないのが面倒です。

2、抜くタイプの脱毛器
文字通り、毛を根元から抜くタイプの脱毛器です。こちらも比較的安価で手に入ります。根元から抜くため、シェーバータイプよりもキレイに脱毛できる点、また持続期間が長いのが特徴です。

こちらの欠点は、まず毛を抜く時に痛みを伴う点です。最近では性能の良い物も開発されて来ており、痛みはかなり抑えられているようですが、それでも肌に与える強い刺激は避けられないでしょう。毛穴などに汚れが入り、ニキビのように赤くなってしまう場合もあります。

3、レーザー・フラッシュタイプ脱毛器
レーザータイプとフラッシュタイプは別の種類に分類すべきかも知れませんが、ここでは共に光線を使ったタイプということでまとめて説明します。

レーザー・フラッシュタイプ脱毛器は光線を照射することで、脱毛を行います。エステなどで使用されているのはこのタイプがメインです。最近では家庭用のフラッシュタイプ脱毛器も発売されているため、以前より格段に身近になりました。ここ数年で家庭用の脱毛器としても主要な地位を築きつつあります。

こちらのタイプはメラニン色素に反応し毛根や毛細胞そのものを熱で破壊していき、毛が再び生えてくるのを防ぎます。家庭用に発売されている物はエステのものほどの威力はありませんが、それでも効果は充分期待できます。シェーバータイプや抜くタイプの脱毛器のように頻繁に脱毛を行わなくていい点が何よりの魅力です。男性のヒゲにも使える汎用性がかなり高いものもあます。

こちらの欠点はシェーバータイプなどと比べて高額な点です。また、なかなかのハイテク機械ですので説明書などをしっかり読み、適切なメンテナンスも必要です。ただ、自宅で自分の手でエステ並みの脱毛方法が可能という事を考えれば、値段や手入れの面倒さも負担とは言えないかも知れません。高いと言っても5万円~8万円くらいのものが主流ですので、エステと比べたら10分の一くらいの値段です。



>> 人気ランキングを全て見る

▼ 注目の脱毛器
広い照射面積で人気の脱毛器