脱毛の仕組み

脱毛の仕組みはどのようなメカニズムになっているのでしょうか。脱毛器から照射されるレーザーの仕組みや性質、ツルツル肌へ導くコツなどを詳しく解説していきます。

毛周期に合わせたお手入れが大切!
毛は一定期間成長を続けたあと自然に抜け落ち、しばらくするとまた同じ毛包から新しい毛が出てきます。この毛の生えかわりのサイクルを「毛周期」といいます。毛周期は3つの時期に分けられ、毛母で細胞が分裂して成長している時期を「成長期」、細胞分裂が停止して毛包が退縮していく時期を「退行期」、毛の形成を停止している時期を、「休止期」といいます。

「毛周期」の成長期にあわせて処理するセンスエピ。
また、センスエピは特許申請中のホーム・パルス・ライトという独自で最新の光技術を応用した家庭用脱毛器です。ホーム・パルス・ライトという光は、通常の光を応用したフラッシュ脱毛器の様に熱だけでなく照射の時に発する音響の振動を利用しながら、効率よくターゲットである毛に対して熱を与えます。センスエピ(Senepil)から照射される光は、黒い色にだけ反応する性質を持ち、肌への負担は最小限におさえます。この光は、今、肌の表面に見え生えている毛にしか作用しないので、まだ生えていない毛に対しては効果がありません。

センスエピ(SensEpil)は、毛の生まれ変わりのサイクルである「毛周期」の成長期にある毛だけを処理しますので、毛周期に合わせて定期的に複数回お手入れを続けることで、ツルピカ美肌を手に入れることができるようになります。

フラッシュ脱毛の仕組み

イーモなどのフラッシュ脱毛器での処理も毛周期の成長期の毛がターゲットとなります。機械により集約した光エネルギーを瞬時にして毛に伝え、毛の温度を上昇させます。その結果、毛に栄養が届かなくなり、毛は老廃物として毛穴から押し出されるようにして抜け落ちます。例えその後に作られた毛も次第に細くなり、定期的に継続して処理を行うことで再生を抑制することが出来ます。



>> 人気ランキングを全て見る

▼ 注目の脱毛器
広い照射面積で人気の脱毛器