脱毛のトラブル

脱毛することで肌をキレイに見せたいのに、脱毛を行ったせいで肌が荒れたりしてしまう場合があります。ここでは各種脱毛方法ごとに起きがちなトラブルを紹介していきます。

1、剃る脱毛のトラブル
カミソリやシェーバーなど最も手軽な脱毛方法が剃ることです。確かに毛の薄い部分ならかなりキレイに脱毛することが可能ですが、安易に行うと肌のトラブルの原因となります。

最もよくあるトラブルは肌をキズつけてしまうことによる炎症やカミソリ負け。黒い色素が肌に残ってしまったり、埋没毛を引き起こしてしまったりする原因となります。ムダ毛処理の前には肌を温め柔らかくするようにしましょう。保湿剤などのアフターケアも忘れずに。

2、抜く脱毛のトラブル
ピンセットで一本一本抜いたり、脱毛用のテープやワックスを使用しての脱毛のケースです。しっかり抜ければ確かに仕上がりはなかなかキレイに見えますが、こちらの方法にもトラブルは起きます。

毛を抜いたあとの毛穴に雑菌が入ることにより起きる炎症や、毛穴が盛り上がってしまい肌にポツポツとニキビのような盛り上がりが出来てしまったりするトラブルがあります。また、抜くことにより次生えてくる毛が太くなってしまう場合も。毛を抜いた後の肌は冷水で冷やしたり、毛穴のひきしめ効果のあるケアを行いましょう。

3、レーザーやフラッシュタイプなどのトラブル
家庭でも使える商品が発売されラインナップも豊富になってきました、今一番人気の脱毛方法でしょう。光の熱で毛根を焼いてしまう方法での脱毛ですが、どのようなトラブルが考えられるのでしょうか。

こちらのタイプはセンサーや光が毛の黒い色素(メラニン)に反応して熱により毛根を焼いてしまいます。熱が発生するため、やけどになってしまう場合があります。また、黒い色素に反応するため、肌の黒い人やホクロのある人はその色素に反応してしまう可能性もあり、これもやけどの原因となります。家庭用に販売されている脱毛器ではそこまで強力な熱は照射されないはずですが、やけどしてしまった場合は速やかに照射レベルを落としましょう。また、やけどがひどい場合はすぐに使用を止めて、皮膚科に行きましょう。

お肌がかわいそう…初めて使用したMさんの感想

光脱毛をする以前は家庭用脱毛器を使っていましたが、毛の量も多い方なので、スイッチを入れる前に勇気がいりました。 やはり「痛い」ですよね。相当負担かかってますよね。 その後クリームを塗ってお手入れしても、また同じ繰り返しですからね。 お肌がかわいそうだなと思ってしまいます。

通販で家庭用の光脱毛の機械の記事を見たことがあるんですが、あれはどうなんでしょうか。サロンではカウンセリングをすると思いますけど、知識の知らない素人が扱って大丈夫なのかどうなのか、本当に安全なのか恐くて手が出せませんでした。ただ、家庭用脱毛器は安価ですし、傷みだけ我慢すればお買い得かもしれませんね。

一度使った時に毛穴から雑菌が入って、化膿して一センチくらいのおできができたこともあります。病院に行って切開して縫いました。

家庭用脱毛器は安価で直ぐにできますから、痛みさえ我慢すればお得はお得なので、一概にいいとか悪いとかは言えないと思います。ただ、私は上記のような体験がありますので、知り合いに勧めたいかと言えば、どちらかと言えばオススメしたくないな〜と思います。おすすめできるといっても最先端の脱毛器であるケノンくらいでしょうか。

それと同じくらいか、もしくは少し高いくらいで、サロンで出来たりしますからね。もしくはサロンと併用してみるのがいいと思います。



>> 人気ランキングを全て見る

▼ 注目の脱毛器
広い照射面積で人気の脱毛器